アサヒのグルコサミンで軟骨成分を効率良く生成

良質な脂肪に健康効果

婦人

脂質の種類に注意

脂肪は3大栄養素の1つに数えられるほど重要な成分ですが、脂肪の摂り過ぎは肥満につながるため悪いイメージも付きまといます。血中の脂質濃度が高いと生活習慣病の原因になる他、中性脂肪の増加も健康面でのマイナスが大きいのです。一口に脂肪と言ってもいろいろな種類があって、中には健康に良い影響を与えてくれる種類も少なくありません。人体で必要とされる脂肪は、肉などに多く含まれる飽和脂肪酸と植物油に多い不飽和脂肪酸の2種類に大きく分けられます。不飽和脂肪酸にはさらにオメガ9とオメガ6・オメガ3の3種類に加え、人工的に作り出されたトランス脂肪酸も含まれます。このうちオリーブ油や菜種油などのオメガ9は一価不飽和脂肪酸とも呼ばれ、体内でも合成できます。広く使われるサラダ油はオメガ6系に属し、オメガ3とともに体内では合成できません。オメガ9とオメガ3は悪玉コレステロールを下げる働きが知られており、健康に良い油と言えます。同じく体内で合成できないオメガ6は、普通の食事で不足することもないものです。しかしながらオメガ3は魚離れが進む食生活で不足しがちになっており、サプリメントでの摂取が推奨されます。

バランスの良い摂取が理想

脂肪の摂取バランスとしては、飽和脂肪酸が3に対して不飽和脂肪酸7が理想的です。必須不飽和脂肪酸のうち、オメガ6とオメガ3の理想的なバランスは5対1と言われています。揚げ物やスナック菓子の多い現代の食生活では、オメガ6がオメガ3の10倍以上となっているのが現実です。こうして脂肪の摂取バランスがオメガ6に大きく偏ると、免疫反応にも悪影響が出てきます。炎症を起こす物質はオメガ6系のアラキドン酸が作り出しており、アトピー性皮膚炎や肌荒れの原因にもなるのです。オメガ3系に属するEPAやαリノレン酸はアレルギー症状を抑えるだけでなく、中性脂肪や悪玉コレステロールも下げてくれます。食事で不足しがちなオメガ3系の脂肪酸をサプリメントで適量ずつ摂取すれば、生活習慣病予防につながるのです。肌トラブルの解決にも役立つオメガ3は、女性の間で特に注目を集めているサプリメントです。DHAやEPAは以前から効能が知られていましたが、最近はαリノレン酸配合サプリメントも人気が高まっています。サラダ油で調理した食品の摂取を控え、オメガ3をこれらのサプリメントで補えば脂肪の摂取バランスも理想に近づきます。