アサヒのグルコサミンで軟骨成分を効率良く生成

腸内に生息する細菌

お腹

三種類に分類される

腸というのは消化吸収を行う器官であり、人間の臓器の中でも大切な役割を果たしている臓器の一つです。この腸内には実は数多くの細菌が生息しています。細菌といっても一種類だけが生息しているのではなく、実に多種多様な細菌が生息しているのです。これらの細菌は群生していることから腸内フローラと呼ばれています。この腸内フローラを形成している細菌は大きく分けると3種類に分類することが出来ます。それは善玉菌と悪玉菌、それに日和見菌と呼ばれる細菌の3種類です。善玉菌は腸内の環境を整える働きをしており、悪玉菌は逆にお腹の調子を崩してしまい便秘や下痢などを引き起こします。日和見菌はどちらから優勢な方に味方する菌であり、腸内フローラとしては割合として善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7の割合が良いとされています。

食事でバランスを

下痢や便秘になりやすいという人の場合、腸内フローラのバランスが崩れていることが原因である可能性があります。そういった場合は食生活を見直して腸内フローラのバランスを整える必要があります。そのために重要なのは水溶性食物繊維や発酵食品を多く食べるということです。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、不溶性食物繊維は便秘を悪化させてしまうこともありますので水溶性食物繊維を積極的に摂取することで善玉菌を増やすことが出来ます。また、乳酸菌が多く含まれている発酵食品も善玉菌を増やすのに役立ちます。逆にタンパク質や脂肪は悪玉菌を増やしてしまうことになりますので、肉類の食べ過ぎには注意が必要となります。